出席日数もつけることができる!不登校向け学習サービス

不登校の方の悩みで多くあるのが出席日数が確保できずに、県立の一部の高校に入りにくくなるということです。

今回はそれを解消するオンラインサービス、そして不登校関連の記事の紹介をしていきます。

出席日数を確保できるオンラインの教室

  • 出席日数も確保できる
  • オンラインで友達ができる
  • 仲間がいるから安心感がある
  • プログラミング学習も入っている

というオンラインのクラスに参加することのできるサービスです。

成績評価の方針など、所属する学校と連携してくれているので、子供を親御さんしか理解していない状態にならず、学校の様子とご家庭のことを理解しサポートしてくれるサービスとなっています。

出席日数が確保できるものは所属することを目的としないのであればこちらもおすすめです。

※リンクページの【すらら】が対象です。

話相手がいる、悩みを聞いてもらえるオンライン家庭教師

オンライン家庭教師についてはこちらで紹介しています。出席日数の確保がこちらは対応していないものが多いのですが、無料で体験できるのでこちらも参考にしてみてください。

実際に私もオンライン家庭教師として不登校の子を見ていました。目標や目的、ちょっと先の未来について少しずつ情報を提示してあげると安心するようです。

不登校になった場合自分がどこに進めばいいのか、そして本当にこれであっているのか不安になることが多数あります。不登校になっても人生終わるわけではないのですが、安心感を与えてくれる先生を選ぶと良いですね。

良き理解者になってくれる先生がいると安心できますね。

出席日数はつかないけれど他不登校サポート

多様な生き方があるので、教科学習(学校の授業)ばかりでは安心してられない時代でもあります。また、なかなか勉強を教えてもらうサービスとするとお子さんが拒否する場合もありますね。

誰かとオンラインで繋がりながら学ぶことのできる居場所がこちらです。

【SOZOWスクール】

またその他の不登校支援に関するサポートはこちらにまとめていますので参考にしてみてください。

そして不登校になる理由はさまざまですが、発達障害の傾向があり、なかなか学校に通い続けることが困難な場合もあります。そういった際に子供に寄り添える人になるプログラムもあります。

もし学校の先生や教育に興味がある親御さんであればこちらの情報を持っておくと良いでしょう。経験を培うにはそれ相応の時間と労力がかかりますが、すでにこうだ!と思う情報があると安心材料にもなります。

自身の不登校経験から起業した人の紹介

不登校は不幸じゃないというのは今ではイベント名になっています。全国各地で月に数回、フリースクールなどで催されているので確認してみてください。

孤独サポート支援している団体

孤独を抱えていてなんだか心配・・・そして子供と親だからといって理解し合えることは困難であると感じています。居場所、コミュニティが少ないと孤独を感じやすくなってしまいますので、気軽に連絡を取れるところも紹介しておきます。

https://talkme.jp/about