自分の子が不登校になってしまったら?しんどい思いをするのは子供だけではない

自分の子供が不登校になってしまったら、自分には経験がないことであると余計に焦りますよね。何をどうすれば良いのだろうか、この子はちゃんと社会で自立して生きていけるのだろうか?

不安を感じつつも「まあ大丈夫!」と適当に声をかけてみたり。自分に伝えているように感じ取れれば子供も察しがつきます。真面目な子ほど、無根拠なアドバイスを受け入れにくい傾向にもあります。

さて今回はお子さんが不登校になってしまった時、しんどい思いをするのは親御さんも同じなので悩みを解決するにはどうすればいいか考えていきます。

不登校の予防

不登校を予防する策としては、「普段から子供の意見を聞いてあげること」が重要であると思います。

私もなりかけていたことがありましたが、母が人間関係で悩んでいることをよく聞いてくれました。

一人でも共感してもらえる人がいるととても安心材料になります。

また逆に聞いている・理解しているつもりでもなかなか相手に伝わらない場合もあります。そのような例も見てきました。

親御さんが悪いということではなく、またお子さんが悪いということでもなく、ただただ価値観が親子でもだいぶかけ離れている場合、

  • 「そのくらい大したことないでしょ?」
  • 「ちょっとやってみればいいだけじゃない」
  • 「焦ったいなあ」

こんな風に口に出してしまっているかもしれません。

不登校になるお子さんの傾向として非常にセンシティブなことが多いです。ちょっとしたことがつもり積もってきっかけになってしまうこともあります。

確かに仕事に家事にとやることが多い中でそうなるとこちらも精神的に参ってしまいますね。

周りの人や身内で共感できる相手がいた方がかなりお互い精神的に安定しますので、不登校になりにくい可能性もあります。

どうしても接し方が難しいと思うようでしたら、コーチングを学ぶこともおすすめします。

無意識に傷つけてしまう言動をとってしまうことは誰しもあります。

価値観や考え方、感覚が違うと余計に「え、なんで今の言葉で?」って思うこともあります。

多面的な視野を養うという意味でもおすすめです。

不登校になってしまった場合の対処

不登校になってしまった場合、こちらの記事に内容は載っています。

また学校の門がくぐれない・・・と悩んでいる子も多いので、そもそも学校の適応教室が利用できない子もいます。

そのような場合には今在学している学校に通うことは難しいと思うので、そこに執着せずに他の行動を考えます。

毎回自分で通えないから親御さんが送り迎えをするのも仕事に影響が出てしまい、なかなかしんどい思いをしてしまいますね。

なので、民間のフリースクール、あるいは家から精神的に辛く家から出られない状態である不登校の子であればこちらのオンライン型のフリースクールもあります。

【SOZOWスクール】

不登校を受け入れてくれる場所を探す

先ほどのフリースクールですが今増加傾向にあります。

またほとんどのお子さん、不登校ではない子も含めて、あるいは学生や社会人すべての人に言えることが居場所が必要である、所属できるコミュニティが必要であると感じているところです。

孤独耐性が乏しい人ほどコミュニティや居場所と思える場所を早めに作っておくことをおすすめします。

フリースクールや適応教室以外にも昼間に開かれているカルチャースクールや英語教室を利用してみるのもありですね。

また英語教室は昼間も営業していて、同じようなお子さんがマンツーマンでレッスンを受けることもあるようです。

昼間にオンラインでの学習アプリを利用するなど、学習管理をする方法はたくさんあります。うまく自分にあったものが見つかるといいですね。

学年の1割ほどが不登校になっている

私の地域の話ですが今中学校では不登校の学生さんは学年の1割ほどに達している状況のようです。

なので全校生徒が300人であれば30人、人クラス分となる状況ですね。

これは公立の学校で起こっている数字です。

肌感覚ですが、家庭教師で教えている私立学校に通う生徒さんに話を聞くとクラスの一人くらいと言っていたので、私立の方が少ない印象です。

確かに公立の学校であれば地域ごとに区切られた学区内の生徒さんが通っているので様々な子がいます。全く感覚が合わない子が周りに多いこともしばしばあるので、不登校になる原因があるかもしれません。

https://www.obatakazuki.com/

ただ社会に出た時は様々な人がいるということを社会勉強できる場ではありますね。

一方私立中学などの場合はおおよそ似たような経済家庭、教育意識のご家庭のお子さんが集まります。必然的に家庭内の会話や環境も生徒さんのほとんどが似てくるので接しやすい傾向となって出ている可能性はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です