中学3年生の数学 わからない・できないに対処して効率的な勉強を!

高校入試がもうすぐ始まります。受験生の方で推薦入試の人は徐々に結果が出始めている頃ですね。

この時期お悩みとして多いのは受験のストレスや、わからない・できないをどう克服すれば良いかということです。

受験生だけでなく来年度に中学3年生になる中学2年生向けにも何を・どうすればいいか」効率的な勉強方法をお伝えしてきます。

Step1:課題の見える化:「わからない・できない」

中学3年生の数学は奥が深いので、「できない・わからない」をまずは「何ができない・わからない」か箇条書きにして見える化する必要があります。

この時点ですでに「できない・面倒くさい」と思ってしまった場合は診断テストを初めに実施している勉強のプロ、家庭教師や塾に入ることをお勧めするのでStep4にお進みください。

まずはできないことを見える化させることが大前提です。「自分で箇条書きにしてそれらを書き出すことはできそうだ」と思う方はこちらのリンクより各分野をざっと見てみてください。

そして説明を流し読みして、例題も読んでみて「わかる・わからない」の判断をしましょう。

ざっと読み飛ばすとなんのことかわからなくなるので集中が必要です。

各分野をわからないからわかるまで5段階評価してみてください。

0に近いものほど優先順位1位で対処する必要があります。また初期の段階でわからないところが5分野以上あるのであれば、初期の段階からやり進めるしかありません。

ひとまずランキング5位まで数学の「わからない・できない」ところを決めてみましょう。

具体的なやり方

例えば具体的に、中学3年の数学の内容で平方根がわからないとなると、

三平方の定理・二次関数・因数分解全てわからないとなっていると思います。

この場合は優先順位としてまずは1位に平方根がきます。

なのでランキングをつけるといっても中学3年の春頃に習った内容から順に見ていき、初期の段階でつまづいているのであればそこからやり進めることになります。

次の表は中学3年の平方根を一部図式化してみました。

平方根と他分野の繋がり

このようなつながりがあるので、根っこの部分の平方根が理解できないと、他の分野の内容もつまづいてしまうということです。

初期の基本的な計算や内容を理解できていないと次の分野を理解し説き進めることはできなくなります。

Step2:中学3年生の内容をさらに深ぼりして見える化

では仮に具体例を中学3年数学の「平方根」で合ったとして話を進めていきます。

平方根をさらに内容を細分化するとこうです。

平方根・ルートの基本的な考え方

  1. 素因数分解ができるか
  2. 平方根の数の変換ができるか
  3. 平方根の掛け算と割り算
  4. 平方根の足し算と引き算
  5. 平方根の有理化
  6. 応用計算問題

これが細分化のステップです。

この順番に解けるように学習を進めていきます。

独学で進める場合はこちらのサイトで可能ですが、実際に問題集が手元に合った方が、自分がどれだけできてどこでつまづいているか?の見える化ができるので下記のどれか一冊購入することをお勧めします。

色々試して合うものを探したい!という方はAmazon Kindleが無料体験もしているので30日間の間に5つほど問題集を試してみてください。またタブレット端末を利用するのが良いです。

Step3:課題にどう対処するか?

先ほどの例だと応用計算問題までは基本的な内容となります。

その場合にどう自分で学習を進めていくかがポイントとなります。

やり方は色々ありますが、

  1. 移動が多い学生→タブレットやスマホでの学習メイン
  2. 自宅での学習時間が確保できる学生→PCとスマホ、問題集

という独学のスタイルを取れます。

①の場合はこちらのアプリを利用して進めます。

スタサプ

②の場合はこちらの無料の動画教材で理解を深めます。

葉一先生の動画

方法は様々ですが、コストを抑えながらやりたい場合は色々と工夫が必要ですね。

Step4:勉強マネージャーのプロに頼む

これらの流れを見てみて、「自分ではここまで管理してPDCAサイクルを回せない、というか面倒だな・・・」と感じる場合は、勉強マネージャーのプロにお任せしましょう。

オンライン家庭教師であればこちらに一覧紹介があります。

わからないところに足並みをそろえてやってくれる個別学習の方がおすすめではあります。ただ、独自教材を用いて進めるところの場合は相性があるのでそちらも考慮されると良いでしょう。

オンライン指導で日本最大級の実績【メガスタ】

オンライン家庭講師「家庭ネット」

なるべく学習コストを下げたい場合はこちらも検討です。

他のオンラインでの学び方も知りたい方はこちらも参考にご覧ください。

まとめ:中学3年の数学は奥が深い

今回は中学3年生の数学についてどうやってできないところを克服するかを紹介しました。

なかなか奥が深いのですぐにはわかりにくいかと思います。

こちらでも私の作成しているUdemy講座ですが、参考にのぞいてみてください。

ただ、こちらは私立中学を対象としているので基礎的な部分はあまり深く追求していません。テクニック的なものを用意しています。

自分最適な学び方で数学を得意にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です