中高生と小学生向け 読解力をつけるには何をすれば良いか?考え方とおすすめサービス

動画サービスやSNSが流行している昨今では同時に活字離れが指摘されています。動画サービスなどはとてもよくできているサービスで、宣伝をするようなものはテクニックとして考える隙を与えずに結論を先に出していることがほとんですね。

こういったことの教育的な弊害はどんなことがあるのでしょうか?そして同時に読解力が必要であることと、その能力が乏しいことが指摘されています。

では何のために読解力が必要か、そしてどうやって身につけていけば良いか紹介していきます。

なぜ読解力が必要なのか?

長期的な目線で考えると次のようなものがあります。

  • テスト問題や入試改革により問題の深さが増した
  • 文章をから読み取る力が重視されている
  • 大学入試の共通一次では量が膨大なので正確さとスピードのある読解力が必要
  • メールなどのテキストコミュニケーション
  • コロナ禍によるリモートワーク急増によるもの
  • 作り手や発信者に誰しもがなっていく
  • 要約力が一つのポイントになるだろう

このような理由があります。加えてこちらの記事を参考にどうぞ。

またコロナ禍による影響でリモートワークが増えたことも読解力をつけるための要因になっていると思います。というのもメールでのコミュニケーション(=テキストコミュニケーション)が必要となってきているからです。

読解力というのは文面から、

  • 変換力
  • 相手への共感的理解
  • 多面的視野
  • 語彙力
  • 集中力

これらを持ってして正確でスピードある読解力になると考えています。動画やネットサービスは完全に個別最適された情報なので、バイアスがかかった偏った情報を常に考えることなく見せられている状態でもあります。

また大学入試の社会関連の教科ではかなり深い思考力が求められるので読み飛ばして解けるものではなくなってきています。

何をすれば良い?具体的な内容

具体的に家でもできることはこちらのサービスを利用することも一手としてあります。

これはビジネス向けですが、高校生までの学生さん向けの読解サービスもあります。体験したことがありますが、まず眼球運動からスタートさせます。

読解力のないことが必ずしも本を読まないことに比例するとは限りません。

こちらの記事ではモンテッソーリ教育のおもちゃを紹介しましたが、調べていたところ、幼児期の追視運動が不十分であるとものを目で追う能力が乏しいために文字を順を追って読むことが難しくなるということです。

赤ちゃん向けのおもちゃのモビールが赤ちゃんの発達に重要な役割をしているとは私も知りませんでした。

なので追視運動が不十分であると読解力にも影響するということです。

他にも具体的なアクションを項目として載せておきます。

  • 新聞を要約する
  • 本を要約する

つまり書かれている内容をインプットして、自分なりにまとめる技術が必要ということになります。

要約をするにはまずは読んでみる、そして相手の知りたい情報にアウトプットするという流れが重要となります。

勉強でも授業のノートを取るのは何のためなのか?とあまり考えず先生に言われるままに書き写すお子さんがほとんどですね。

また新聞の要約はとても効果的なのですが、書かれている言葉の意味がわからないまま読み進めることは難しいので、逐一調べる必要があります。また想像しにくい内容であれば尚のこと難しいものです。

なので子供目線で書かれている記事が社会情報を知っていくため、読解力を身につけるためには必要であることがわかります。

おすすめのサービス

先ほどの子供目線で書かれた記事を提供しているサービスがあります。

こちらでは中高生向けの内容で新聞が書かれています。内容としては、

  • 英会話に関する記事
  • 日常生活と科学
  • 大学入試に必要な時事ネタ
  • 業界に関する記事
  • また受験向けの特集など

こうした将来役立つ内容が満載の新聞記事となっています。

この新聞記事を読んで、スクラップ→自分なりにノートやブログ、あるいはツイッターに感想やまとめをアップしてみる。こうするだけでかなりの読解力が身につきます。

また受験や将来に関する知識が多くあるのでとても役に立ちますね。

購読についても週1回で月4回発行されます。月額料金は850円なので情報量からするととてもリーズナブルですね

また、小学生向けにはまず文字に慣れ親しんでもらうことから次のサービスをお勧めしています。

読売KODOMO新聞

加えて、こちらの作文サービスも検討してみてください。読解力には表現力もセットで関わってきますので、時間のある小学生のうちに文章に慣れ親しみ、自己表現を豊かにすることが重要であると感じています。

読解力をつければ多方面で活用できる!

読解力は大学入試の最重要課題にもなってきています。必要ではあるという意識はあるけれども、さほど手をかけていない分野だな・・・と感じられた方は検討してみてください。

大学選抜で推薦入試を取る場合にはマストになってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です