自分の学習スタイルの確立 時間と場所を決める、目的とゴールは具体的に設定しておく

学習スタイルの確立
学習スタイルの確立

こんにちはヌンタコブログのヌンタコです。

前回は自立学習について紹介しましたが、そもそもの学習スタイルを設定しておかないと継続が難しくなります。

今回は学習スタイルの確立について個人的に思うことをまとめてみます。

学習スタイルとは?

ちょっとこれだけでは漠然としているのでいくつか細分化します。

  • 時間帯
  • 期間
  • 場所
  • 手段
  • 目的とゴール

大まかに分けても5つあると考えています。一つずつ見ていきましょう。

時間帯

まず大人の場合も学生の場合も確保できる時間をあらかじめ整理する必要があります。

学生の場合

学生さんの場合であれば時間帯は学校の授業と部活の空き時間をどれくらい使えるか整理しますね。睡眠と身支度や食事、入浴の時間を24時間から引いた時間が自由時間となります。

とある中学生の話ですと、朝7時には家を出て、夜の6時半ごろに家に帰ってくるそうなので、睡眠時間を7時間確保するとなると、夜の11:00には寝る必要があります。

ということで、4時間半から食事や入浴などを引いた時間が自由時間となります。

スマホも触りたいでしょうから、自主学習に割ける時間は2時間半としましょう。

この2時間半がこの子の学習時間となりますね。

就寝前にお風呂に入るなら、20:30からの約2時間を学習の時間帯として決めることもできます。

とはいえ、集中力が持続する時間はおよそ1時間程度(大人の場合)なので時間帯を1時間毎に区切って設定するのがいいでしょう。

大人であってもこの考え方は同様です。

社会人の場合

社会人の場合はこの授業の部分が仕事と通勤時間になります。またそれとは別に家事が加わってくる方も多いでしょう。その場合は自分の生活の中にルーティンを入れ込むことで時間と脳を使う機会を減らす工夫をします。

期間

学習をずっとコツコツ継続するのが難しい方は期間限定で進めます。

特に自分の学習スタイルが定まっていない方や自立学習が定着していない人は計画倒れすることが多いです。なので短期間の期間限定で決めたスタイルを継続してみます。

先程の決定した時間帯で進める場合はまず初めに1週間程度継続してみる!というのを自分と約束します。

この時に如何に本気に取り組めるか、この期間限定の時に習慣化できるかが鍵となります。

ダイエットでもそうですが、ずっと続けるのが苦しいから「1週間で!」「1ヶ月で!」というタイトルに惹かれるんですね。数字の魔力すごい。

なので誓いを立てて実行します。

インスタやツイッタ=に勉強アカウントがありますが、それがこれですね。行動の一貫性という習性が人にはあるそうですが、「勉強します!」といった手前引けない状態にするのがこれです。もしできなかったら発言との矛盾が生じるため、それを避けようと実行するのです。

ちなみに私も短期集中型なので、ゾーン状態に入るまでトライします。

自分のスイッチの切り替わるロジックがわかると、短期でも長期的に記憶できたり通常よりもパフォーマンスを上げられます。

あの感覚は伝えにくいのでもう少し自分の中で整理できたら記事にします。

場所

1人で黙々とだと競争相手や比較する相手、一体感がないから続かないという人は図書館やカフェで学習するなど場所を決めてしまってもいいでしょう。

あとはレンタルスペースもありです。最近ではカラオケ店でやるパターンもあるそうですね。

家の中でもリビングか自分の部屋など決めておくことができます。

手段

学習といっても手段は色々あります。

  • デバイスで行う
  • 紙に書くなどアナログ
  • 動画視聴
  • 問題集を解く
  • アウトプットをする

とりわけ、アウトプット大全でも言われているように、インプットとアウトプットの比率は3:7が望ましいです。

インプット教育に偏重しているのはあまり効果的ではないといえそうですね。

目的とゴール

なぜその学習を進めたいかゴールと目的は明確にしておく必要があります。

具体性のあるもの、自分の核の欲の部分を言語化できると継続しやすいです。

具体的な目標というのは、具体的な名詞と形容詞が合わさった文言がいいのかなと思います。

  • これが達成できたら、こうなる
  • 達成できたら、ご褒美にこうしよう
  • ポジティブな将来像

これらを意識して一度紙に起こしたら良いと思います。

ここが薄ぼやけていると本当に継続しないです。

将来的にたとえば士業で独立したい、生活を安定させられるぐらい収入が欲しい。と言う目標もまだ漠然としています。なのでもっと言うならば士業で年収600万円と目標を定めて逆算した方がスケジュールも立てやすくなります。

目標には具体的数値を入れておくのが良いです。

無駄に時間を浪費しないように学習スタイルは決めておくとポジティブな夢を達成しやすくなります。