耳で情報を入れよう

JINSメガネのリピートユーザーです オンラインクーポンと優待券を使ってた話

眼鏡選びのポイントと安く買うには?
眼鏡選びのポイントと安く買うには?

こんにちは、ヌンタコブログのヌンタコです。

今日はJINSメガネの紹介をしようと思います。

JINSのメガネは自分に合ったデザイン

早速長めのタイトルですが、意外と知っている人・知らない人多いです。

自分に合ったデザインのメガネを買うことは私の中で絶対マストです。

そしてどんなデザインであれば自分に似合うかというのは、フレームの形と輪郭によって決まります。

私の場合面長〜卵型の輪郭の狭間ですが、この場合はウェリントン型のフレームをチョイスすることとなります。スクエア型が一番似合わなかったです・・・

縦幅があまりないメガネをつけると、その分顔の縦の長さを強調することになるので事故る可能性大です・・・うう。

昔いとこのお姉ちゃんに憧れて同じフレームで同じ色の眼鏡をつけていましたが、多感な時期に自分の輪郭や骨格もどんどん変わってきて急に似合わなくなったのを覚えています。

そこからメガネが嫌になりましたね。

それはさておき、JINSの公式サイトでもメガネのフレーム選びは参考としてあるので覗いてみてください。

JINS 公式通販ショップ【JINSオンラインショップ】

レンズをカスタムする

あまりいないかも?ですが、レンズは無料〜有料でカスタムできます。

ブルーライトカットは付与する方多いでしょう。ただ、ブルーライトカット率も高くしすぎるとレンズが黄色みがかった色になるので嫌がる人も多い。

極論いうとブルーライトカットはPCとスマホやデバイスにブルーライトカットフィルムを貼るか、もしくはコンタクトレンズ+ブルーライトカットメガネ(度なし)でいくかどちらかと思います。

そして私の場合レンズカスタムは非球面レンズ+1.71mmでオーダーしています。ブルーライトは気持ち入れて・・・と店員さんにお願いしています。

これについてはですね、度がキツすぎて私の場合目が小さく見えてしまうのがすごく悩みだったのでここに辿り着きました。非球面レンズですとレンズは外に向かうほど球面の場合は小さく見えます。すなわち目の横幅などが狭く見えるという感じです。

なので非球面レンズをチョイスします。

さらにレンズの厚みも分厚いほど目が小さく見えます。なので限界まで薄くオーダーします。

で、この薄さがブルーライトのカット率に影響してきます。薄く削るほどカットフィルムがカットされてしまうので、このオーダーでいくとブルーライトカットは入れても30%カット程度だと思います。

化粧下地のUVカット率みたいですね・・・

なのでそこは何を基準に選ぶか要検討です。

そして最後は目とレンズまでの物理的距離を狭めることです。これはメガネのフレームの鼻パッドの形状と自分の鼻の高さが影響すると思います。

私は鼻が低いのでフレームと一体型の鼻パッドは全くフィットせずにズレ落ちます汗

安くてデザインかわいい!と思うフレームはたいてい鼻パッドが一体型ですね。

なるべくフレーム選びは店舗にいくと良いです。

店舗に行けない方は公式サイトでPCのカメラから顔を写すとメガネフレームを合わせられます。

安く手に入れるためにしていること

安く購入するためには、

  • 誕生日クーポンの利用
  • 株主優待権の利用
  • オンラインキャンペーンコードなどを利用
  • その他お年玉券など利用        

これらを利用します。クーポン券やオンラインで使える割引きコードなどはメルカリやラクマで売っている人がいるのでそこで購入して利用できます。

おそらく¥300-くらいで買えるかな。昔は誕生日にくるクーポンは30%オフでしたが今は20%オフに減ってしまいました・・・地味にショック。

「JINS 割引」などで検索すると色々出てくるので購入する前に検討されるといいですね。

ただ、オンラインのみ適用or店舗のみ適用などあるのでそこは間違えないようにみてから購入がマストです!

ちなみにレンズは購入半年以内であればレンズ交換券で無料で交換可能です。

免許証の更新時には度が高めに必要だけど、それが済んだら普段は車乗らないから度を落としたい、といった場合にはそのタイミングで度数を切り替えるといいですね。