耳で情報を入れよう

プログラミング教室開校に向けての準備 準備物とフランチャイズ契約などについて

オーナーっぽい写真
オーナーっぽい写真

こんにちは、ヌンタコブログのヌンタコです。

来年以降で小さく子供むけのプログラミング教室を開きたいのでその準備について紹介していきます。

フランチャイズとは?

そもそもプログラミング教室もフランチャイズで進める予定です。大手のプログラミングフランチャイズではないですし、それを収益の柱にしている事業ではないので、サブとして経営母体は運営しているようです。

なので非常にロイヤリティが低め。友達の勧めもあってやってみよう、という気になりました。創作塾を愛媛に作るのが直近の夢なので、プログラミングは知恵をつける、地頭を鍛えるのに役立つと考えてます。

そもそもフランチャイズとは、運営母体の加盟店(店舗オーナー)になることで、その運営元のノウハウが使えたり、商品・サービスを売ったりすることができます。

なるほど!

というメリットがある上で、私が渋っていたデメリットを紹介すると・・・

ロイヤリティが継続・初期ともに高額なイメージ

売れようが売れまいが支払う定額ロイヤリティの発生

規約の縛りがキツい、柔軟な運営・営業がしにくい

という点があります。

某学習塾や公民館など借りて行うフランチャイズの塾ですと・・・私が説明会聞きに行ったものは、最初の登録料で60万円はかかると言われました。さらに毎月10万近くのロイヤリティに加えて、維持費(場所代など借りていると諸々)とさらに利用者さん一人につき20~30%のロイヤリティを支払うといった内容です。

そんなに引かれるならやらない。しかも同じ地区でされている人もいるようだし・・・

ということでここは辞退しました。

ちなみに私が週末だけちょこっと行っている某アパレルはロイヤリティが購入代金60%一律が毎月かかります。販売系でこれは結構良心的なんだそうです。

コンビニとかはおおよそ50%〜から売れ筋商品などに対しては90%近くとる商品もあるそうです。変動制ですね。かなりキツい商売です。

なので実態を伴う商品を扱う場合は利益部分のパーセンテージがロイヤリティになってしまうんですね。

サービス業なのでそこまでではないけれど、これが渋っていた原因です。

なぜやる気になったか?

ロイヤリティや初期費用がスモールステップでできるからです。そして毎月の利用料に対するロイヤリティも利用が発生してからなので、とても良心的だなと。

でもサービス内容は結構充実している・・・

何よりも友達のプログラマーが1年以上ずっと言っていたのでそれが大きいですね。

というのもここの経営者が友達の元上司なんだそうです。そこまで信頼関係あるなら。

てのが大きい。

あとは、家庭教師していて思うのは・・・物事を段階的に考えられたり、課題発見力と解決力があるかどうか、要は地頭があるかどうかで学力の伸び代が大きく異なるんですよね。

学力はここではあえて学校の成績とだけ定義します。ただ、地頭が鍛えられるものであれば将来は仕事でも役立ちます。非認知能力の高さでもあるんですよね。

地頭を鍛えられればその後の学習習得のスピードや伸び代も断然上がります。

ということで根っこを育てるという意味で興味があったことからです。

手段としてプログラミングが使えそうだな、学校でも必修科目になったし。というところです。

開業までの準備

ソフト面では私のプログラミング学習を進めることと、また秋頃に研修に行く予定です。

ハード面についての準備が一苦労ですね汗

私の住んでいるところは2DKのマンションなので家ではできない。

ということで準備しないといけないのはまず運営する場所ですね。これは安く賃貸を借りられれば一番いいのですが・・・

部屋のレイアウトも決めないといけないという問題も出てきます。

他にはプログラミング教室なので備品が色々と必要になります。

ざっくりと書くと以下が必要なものです。

  • 場所
  • PC 最低2台〜
  • iPad 最低2台〜
  • 大容量プリンター
  • Wi-fi またはテザリングで対応
  • デスク
  • チェア

他にはシステム利用料と加盟金と賃貸は初期費用と・・・諸々掛かってきます。

ということで必要なものは、特にデバイス系は高額なので中古で抑える!ことに。

性能的にはドスパラのPCが良いと思っているのですが(ゲーミング用途じゃないよ)、値段との相談ですね。デスクトップ型のものでPCは揃えていく予定です。細々したものはサンワサプライが良いかな。

PC・スマートフォンの周辺機器ならサンワサプライ直営の【サンワダイレクト】

お金貯めないと〜という自分と、どうやったら貯まるんだ〜という自分がいます汗

ただこういうことを書くとツイッターで何かしらお誘いのDMが来たりする。

ほほほほほ。