耳で情報を入れよう

イタリア旅行で飲んだカプチーノが忘れられないので、なんとか飲みたい

カプチーノ
カプチーノ

こんばんは、ヌンタコブログのヌンタコです。

新婚旅行で2年前にイタリアに行ったのですが、その時に飲んだカプチーノが忘れられない。あと朝食バイキングが毎朝とっても楽しみでした。

カプチーノとは?作り方は?

イタリアでは水より安いカプチーノ。エスプレッソをミルクフォーム(泡)で割ってできてます。

とっても美味しい。エスプレッソ自体は家で何度か蒸留させたことがあります。

直火のエスプレッソメーカーを使ってました。こんなのです。

中粗挽きぐらいにしたコーヒー豆をろうとにぎっしり敷き詰めて火にかけます。

沸騰してしばらくすると豆を通った水が上に上がり、冷やされてエスプレッソが完成します。

中粗挽きというのも私のこだわりで、焙煎屋さんに聞いた話と経験した内容からですが、

豆は細かすぎると抽出しやすいですが、その分雑味が増します。また粗すぎると抽出しにくいが、雑味も少ないのです。いい塩梅になるのが中粗挽きなので、どの焙煎屋さんもある程度豆に合わせて挽いてくれます

で、カプチーノはあとはミルクフォームを作る必要があるのでミルクフォーマーを準備します。

正直、使ってみた感想としては、こちらのタイプではなく、

ミルクをたっぷり作れるこちらのタイプがおすすめかと思います。

だけど熱したミルクでないとフォームができにくいので、温めて作業します。

カプチーノにもコーヒーとミルクの割合がありますが、お好みで。

自分で作る用のレシピはたくさんありますが、作った感想としては1ヶ月もやっていると、正直手軽に毎日飲みたい・・・って思ってしまいます。

イタリアでは水より安くてとても美味しい

イタリアでは水よりお安いです。私が旅行に行ったときは2.5ユーロでした。

2020年は今ほど円安ではなかったかと思うので、300円程度で飲めたと思います。

とっても安い。

初日のホテルの朝食がとても豪華で、カプチーノもちょっとモカが入っててすごく美味しかったんです!嬉しすぎる・・・

イタリア旅行初日のホテルで飲んだカプチーノ

だいぶ飲んでしまっているけど笑

カフェにももちろんカプチーノはあります。

面白かったのは、カフェの外にガラスの冷蔵庫(日本で言うと昔コカコーラの瓶が銭湯とかでガラス冷蔵庫に入ってたと思うけどあんな感じ。)の中にティラミスがあって、

「欲しい」って言ったら「じゃあ取ってきて。」って言われた笑

これ外の人勝手に取れるよね?と思いながら・・・

ティラミスも美味しい。

私クリームチーズは多いとダメなんですが、ほど良い甘味と酸味でよかった。

今ではイタリア旅行を思い出すために、結婚記念日には地元のイタリア料理店に予約していってます。ここのオーナーはフィレンツェ出身のイタリア人。

簡単にカプチーノを毎日飲みたい場合は?

そこはやっぱりデロンギさんにお任せするしかないでしょう。

質を考えるとあまり安いものは手を出さないほうがいいです。

某コーヒーチェーン店でカプチーノを注文しますが、カフェラテと何が違うのかわからない仕上がり。

やっぱりちゃんと美味しいカプチーノが飲みたいな〜と思う日々です。

いつかお迎えしたいデロンギ