耳で情報を入れよう

自分に合う靴探し

こんにちは、ヌンタコブログのヌンタコです!

20代や若い時だと靴選びにそこまで考慮せずにデザインで選ぶことも躊躇なくできました。けれども歳をとってくるとそれも難しくなってきました。原因としては足腰の筋力の低下ですね・・・

今回は前回の記事でも自分の足が特殊な形ということをお伝えしたので自分に合った靴探しをご紹介します。

そもそも大きいサイズの女性ものが日本にはない

日本人女性の平均的な足のサイズって23.5cm前後であるかと思います。

私の足のサイズは左右が異なっているし(25.2cm と24.8cm)なので、そもそも母数が少ない日本=大きいサイズの女性用の靴が少ない日本では自分の好みにあう靴に会えることさえも奇跡なのですね・・・

自分の思う良い靴の条件

次の3項目です。

  • サイズが合う
  • ナチュラルタイプの私に合うシンプルだけどちょっとワンポイントあるようなデザイン
  • ハイアーチ型かつイタリアタイプと言われた私の足にあうソール形状

特に夏のサンダルは今の時期から探さないと本当にないのです・・・

しかもぺったんこな靴やサンダル、パンプスばかりなので本当に困ります汗

探した順番

靴を探す順番はこうです。

  • ロコンドで条件を絞って好みのデザインを探す
  • 好みのデザインに関連するワードを見つけたら別のサイトで探す(zozo、楽天、amazon)
  • 同様にメルカリやラクマにも良い状態であればいいなと思い探す

ここまででおおよそのデザインは決められます。あとは痒いところに手が届くものを深掘りします。

Amazonの海外サイトで検索する

ここで探すときに準備をして進めます。

  1. zozomatを使って自分の足形を3Dでとる
  2. グーグル翻訳のアプリをスマホにインストールする
  3. amazon usa amazon id amazon ge・・・などで検索をかけていく
  4. いいなと思ったらブックマーク!
  5. visaカードを用意
  6. カートに入れて決済を何日か待つ
  7. 購入後、数週間で届く

順に解説します。

zozomatで自分の足の形だけとっておきます。Zozomatでデータを取ればzozoタウンで靴を検索したときにおすすめの形の靴を勝手にAIがおすすめしてくれるからです。

ここで先程の好みの条件×自分の足の形に合った靴をすり合わせしていきます。

決まったら翻訳アプリで英語にしてそれぞれのAmazonサイトで検索をしていきます。Amazonはまずアメリカから検索します。人種が多いからなのか多種多様で多くあるからです。

お気に入りが見つからない場合はイタリアやドイツ、イギリスあたりで検索をかけていきます。最終的に私はドイツアマゾンでビルケンシュトックのサンダルをゲットしました。

海外はJCBは使用できないので、VISAのクレジットを使います。ただ、「海外通販でクレジット情報を抜かれたら怖いわ!」という人はチャージ型、プリペイドタイプのVISAに入会をおすすめします。

先にコンビニで(指定のコンビニあり)チャージをしますと、チャージした額の範囲内でしか使用できなくなっています。

決済を何日か待つ理由は?

トレーダーの動きで、ドル・円、ユーロ・円の価格変動が生じます。なるべく円高の状態で購入したいですよね?在庫数とトレーダーの動きとの兼ね合いにもなりますが、即決して購入ということはないです。

数日様子を見てから購入します。

英語で書かれてはいますが、先程のグーグル翻訳のアプリで翻訳して英語を入力する、そしてこのアプリでカメラ入力を選択すると写した英語がすぐに日本語に反映されるのでスマホ片手にPC画面と睨めっこします。

いい感じの価格になったら決済をします。

送料が結構かかるのですが、その点はconfirm(確認)まで進んでみないと合計会計がいくらになるか予想できません。ですので、そこも確認しながら買い物します。

上手くいくと国内で買うより安い

今回購入したサンダル

「ビルケンシュトックなら日本にもあるよね?」

はい、あるのは合ったのですが他のデザインのものが在庫がそもそもなかった。しかもあっても取り扱いのカラーバリエーションが少なかった。という感じです。

またブランドものは関税や地域差をつけるために原産国にプラスアルファで上乗せされています。ですので原産国のドイツのアマゾンで購入して、安く自分に合ったものを購入できました。

実際に日本で購入する半分の値段で購入できました。送料を度外視すると下手すると本国では3分の1程度で購入できてしまいます。向こうの人からするとクロックスのような感覚なのでしょうか・・・(価格的に)わからないけれど。

ちょっと外に目を向けると自分の希望あったものが手に入ったりします。なので、手の届く範囲での買い物はやめて、ちょっと違う場所での買い物も楽しんでもらえると幸いです^^